読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クワンティコ FBIアカデミーの真実 第8話 一大決心

Dlifeで放送中のクワンティコ FBIアカデミーの真実 第8話「一大決心」の感想です。前回の第7話「犠牲の精神」は、私の中ではこれまでのシリーズ最高傑作となりましたが、さて今回は。

★★★★

今回も面白かったです。前回ほどはアカデミーでの「過去」に緊迫感はありませんでしたが、テロ後の「現在」での逃亡生活は次回以降が大きく変化するという転換点になりました。

今回のポイント

かなり重要な役割を担う人物として第5話 無実の訴えに出てきたハッカーアンノウンの皆様が再度の登場。これは嬉しい誤算。また出てほしいとは思っていましたが、本当に出てくださったんですね。ありがとうざいます。

研修生同期の誰よりも存在感があり、頼りになり、男性のダンカンは誰よりもイケメン。

レックスが自首

今回の一番のイベントと言えばこれです!あとはおまけ(とまでは言いませんが)。自首というのとは違うかもしれません。真犯人ではなさそうなので。

アンノウンの協力を得て、負傷したライアンを逃亡させたあとは捜査本部に行きます。当然拘束されます。目的は、「次のテロの可能性」を訴えるため。アンノウンがハッキングした捜査資料を調べるうちに次のテロの可能性に気がつきました。

これが今回のラストなので、次回からの展開は違ったものになりそうです。ハッキングした捜査資料が公開されたので、拘束されても闘えるとの判断でしょうか。

私は真犯人が捕まるまでは、逃亡生活がずーっと続くと思っていたので、これはかなり意外でした。逃亡生活というスリリングな展開は今回で終わり。次回からアレックスは「証言」のみでの戦いになるんでしょうね。

全ては監視されているはずですから、誰かに何かを頼んで調べてもらう。なんてことはできないし。頼みのライアンはかなりの重症をおってしまったし。いくら何でも逃走はもう出来ないでしょうし。

シェルビーとサイモンはFBIに拘束されてた

前回は、3秒で恋人をFBIに売る女、ナタリーのチクりで、FBIに急襲された「アレックス側」でした。アレックスとライアン(重傷)は逃亡に成功しましたが、やっぱりシェルビーとサイモンは拘束されてしまっていました。

シェルビーはクレイトンやケイレブとの会話があったんですが、サイモンは拘束後の場面は一切なし。なんで?アカデミー退学のサイモンを捜査官にしたのはクレイトン。私はサイモンは完全にシロとは言えないと思っているのでこれも想定内?と思ったり。

サイモンが微妙

サイモンが好意を持っているのはニマ。でもサイモンに好意を持っているがレイナ。ということがようやく理解できましたが、ニマはサイモンには興味がなく、レイナも今は微妙な感じ。これ、どっちに声をかけたらいいのか、ちょっとサイモンが気の毒。

まあそんなことより、最後の方に出て来たサイモンの電話の相手が気になります。相手の手元にあったのはどうみても爆弾。

ライアン、復職しなかった

前回の「過去」では最後の方でライアンが車で出て行くシーンがありました。ライアンはひとまず復職し、何らかの形でアカデミーに関わるのかと思っていたんですが、普通に戻っていました。目的は「アンタ(=リアム)からアレックスを守ること。オレと同じ思いはさせない」。

心意気は立派なんですが、「過去」でも「現在」でもどうもこの方、甘いです。他の人とは違って「捜査官」なので今回の舞台になったFBI本部の資料室にも出入り自由でアレックスの父の捜査資料を持ち出すんですが、リアムに見られているし。

ケイレブ、アレックスの潔白に気がつく

次回ぐらいでアレックス支援側に行きそうな感じはあります。「レックスが無実だと証明できる唯一の証拠を消したな!」と不倫おやじクレイトンに詰め寄るシーンがありました。

不倫おやじはそのメールを削除しましたが、ケイレブは「まだコピーが残っている」とも。

不倫おやじクレイトンがクズ過ぎた

前回では「3秒で恋人をFBIに売る女、ナタリー」がクズでしたが、今回のクズは何と言ってもクレイトン部長。息子のケイレブに詰め寄られて「お前は甘い。メールを読み返せ」といかにも意味ありげに答えるんですが・・・

「何故トレイシー(クレイトンの秘書)が恐縮ですとわざわざ書いて来たのか。私が不倫中だということを知っていたからだ!」とケイレブに説教たれますが。

私、よっぽど何か重大な見過ごしがケイレブにあったのかと見ていましたが、何もありません。

クレイトンがメールを削除したのは、メールが証拠として採用されたら「オレとシェルビーの不倫がバレるから」というすさまじいまでのクズっぷり。

レックスの無実よりも、ワシの不倫隠蔽のほうが大事!

真実よりも保身第一。FBIの部長がこんなんで大丈夫なんでしょうか?お母さんの副大統領候補への影響も考えてのことだそうですが、アレックスの射殺命令を出したのもこの人。

ケイレブが「ただのコネぼんず」に終わらないためには、このメールを証拠として採用するぐらいの根性を見せてほしいものです。コピーが残っていると言っているし、もし不倫おやじの言いなりで採用しないのであれば、同程度のクズに成り下がるので、ここは男を見せてほしい。

シェルビー・・・

どんどん壊れていきます・・・クレイトンはシェルビーの言うように「強い人」ではなく、ケイレブが言うように「保身しか考えていない男」。なのに「愛する人を罰するのは、あーでもない、こーでもない。うんたらかんたら」と。

今回の研修でも、犯人を捜さなきゃいけないのに、ケイレブに「私を木陰に誘わないの」とか何とか。

前にアレックスに語った不倫に陥った理由だってチャラ過ぎるし、だいたいハース家の別居問題はアンタが口を出すことじゃあないんだし。

アカデミー時代よりもショートヘアになって、可愛い度は劇的に上がっているというのに・・・私は少し悲しいですが、そろそろシェルビーちゃんにはサヨナラを言う時期が来ているのかもしれません。もっとちゃんとした役柄にしてあげたかった。

リアムはまだ何か隠している

レックスに突っ込まれて、過去のアレックスの父との潜入捜査について話すリアムですが、信用なりません

以前にアレックスの母、シーターを拘束した時に「あなたが何をやったのか覚えている」と言われて「連れていけ!」とキレる場面があったんです。死人に口なし。ああでもこれが、「民兵組織に潜入したけどテロの兆候を見逃しちゃった。でスケープゴートが必要だから、とりあえずシータに」って話なのかな?わかりません。が・・リアムはまだ何か隠しているはず。

過去において爆破テロを防げなかったリアムが教官をやっているというのも、ちょっとどうかという気もしますが。

 

他にも色々と出て来ます。アカデミーではミランダが何者かに襲撃されたり。シェルビーが大金を送っていた相手は異母姉妹だったり。

これが今の爆破事件の真犯人に関わって来るのかはわかりません。ちょっと色んなことがごちゃごちゃしてはいますが、面白いです。男女交際はいらん!とか、BGMしょぼ過ぎとか、色々文句は言ってはいますが、いつの間にか「次回が楽しみ」な自分がいます。

今回のMVP

今回は「アンノウン」の皆様で決まりです。満場一致(私だけですが)。ハッキングして捜査資料を不倫おやじが会見中に公開。アレックスとライアンの逃亡の手はずをととのえるという素晴らしい活躍でした。