読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

X-ファイル シーズン7 第15話 旅

スモーキングマンスカリーが車で一緒に旅をするという驚きのエピソード。

★★★★★


よく出来た面白いエピソードです。シリーズ全体の流れとは関係のない「単発系」ですが、これは外せません。シーズン7は外れも少なくはないんですが、これは大当たりと言えるエピソードでした。

まちがいなく、シーズン7単発系最高傑作


CSMは本当にチップの秘密をスカリーに託すのか?
CSMと旅行だなんて、本当に大丈夫なのか?無事にスカリーは戻れるのか?

 

結論から言うとスカリーはCSMに利用されただけでした。スカリーに「すべての病を治す技術」を託すというスモーキングマンの提案は、ウソではありませんでしたが、これは「コブラ」なる人物がスカリーに託したかった。

それを察知したスモーキングマン一派は、メールでスカリーにコンタクトを取って来たコブラに対し、スカリーになりすまし、何度かやりとりをした後に、データの「受け渡し場所」に選んだのが、スカリーとスモーキングマンの旅の目的地であるペンシルベニアでした。

スモーキングマンが改心するだなんてあり得ないし、スカリー達に何らかの重要なデータが手に入ることも今までの流れからまず考えられない。ポイントはスモーキングマンはどこでその本性を現すのか。そしてスカリーはどうやってその危機を脱するのか。

スモーキングマンはスカリーを愛している?

スモーキングマンの「以前から君を愛していたと言ったら?」というのは、もしかしたら、本音だったのかもしれません。

車の中でのCSMによるスカリー分析もほぼストライク。

スモーキングマン一派の計画では、データが手に入った時点でコブラもスカリーも始末する予定だったんでしょうけども、可哀想なコブラさんがまず狙撃されます。

さらにスコープの中にスカリーを捉えたスナイパーでしたが、まさに引き金を引こうとする時にスナイパーをスモーキングマンが射殺。スカリーは最初から助ける計画だったんでしょう。つまりスカリーを愛しているからこそ助けたわけです。

このスナイパーとスモーキングマンの間でちょっと微妙なやりとりがありました。

コブラがあらわれないので、このままだと「スカリーが不安を感じて帰ると言い出すのでは?」と狙撃者に言われたスモーキングマンは、「さっさと仕事に戻れ!」と珍しく語気を荒げます。

狙撃係のおじさんは、微妙な表情。「だからここでスカリーだけでも始末しますか? あなたまさか本当はスカリーを助けるつもりでは?」と続きそうでもありました。

疑問点は残ります

その1 ディスクは空でした。コブラがスカリーに空のディスクを渡す訳がない。なのに持ち帰ったディスクは空。一度スモーキングマンに渡してはいるが、「君のものだ」とほぼその場でスカリーに返却しています。一瞬スカリーが背を向けた瞬間に入れ替えたんでしょうか。

その2 狙撃手に狙われたスカリーをスモーキングマンが助けたとしても、どうやってスカリーがモーターボートで岸に戻るより早く、何事もなかったかのように、スカリーを出迎えることができたのか。車を使ったにせよ、湖をモーターボートで戻るスカリーのほうがずっと早いはず。まあここは突っ込みどころではないのかもしれませんが。

意外なほどあっさりと無事にワシントンに戻れたスカリーですが、手に入れたディスクの中身は空。そしてCSマンは当然のように所在不明。スカリーが無事に戻れたことが、スモーキングマン言うところの「愛」だったのかもしれません。

いかにもX-ファイルらしい結末ではありましたが、緊迫感があって最後まで飽きることもなく楽しめるいいエピソードではありました。

これで思い残すこともないスモーキングマン

スモーキングマンは、天に召される時がそう遠くないそうです。ウソなんでしょうけど。でも、スカリーと楽しくドライブ。素晴らしいドレスを着たスカリーと乾杯、あげくの果てには「君が寝ていたから服を脱がせて着替えさせた」そうです。いやいや、これでもう思い残す事も無いのではないでしょうか。

スカリーさんの大サービス

スカリーのサービスシーンとして(いや、一応流れの中なんですけどね)、ディナーのドレス姿。美人だけに何をやってもサマになります。地味目のスーツが私はカッコいいと思うんですが、今回のドレス姿は本当に美しいです。

大サービスと言ってもいいかもしれません。サービス度という点においては泡風呂スカリーが拝めるS5 ドールのほうが上ですが、美しさという点ではこちらです。

あのドレスを贈ったのはスモーキングマンですが、それを見た時のスカリーの表情が微妙。コレじゃあ、マイク仕込めないじゃん!と思ったかもしれません。

「いや、何もスカリーさん、そこまでは」というようなバストアップもあり、美しいというよりも驚き。小型のマイクを仕込むんですが、その時に必要以上に谷間が見えてしまっています。

ジリアンちゃんは、サービス精神旺盛なのかもしれませんね。シーズン2の「サーカス」でも同じようなシーンがありましたが。

スモーキングマンの吹き替えの声優さんはキャラクターにジャストフィットしていると思いますが、字幕だともっと若い感じです。CSMに思い入れのある方は(そんな人少ないと思うけど)字幕での視聴もおすすめします。