読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クワンティコ FBIアカデミーの真実 シーズン1 第3話 裏切りの影

クワンティコ FBIアカデミーの真実

Dlifeで放送中のクワンティコ FBIアカデミーの真実の第3話 「裏切りの影」の感想です。

★★★★

今回もなかなか面白かったです。「青春ドラマ」的な描写があったり(勘弁してほしい)、BGMがチープとか、オコナーとミランダは相変わらず夫婦漫才だったりといろいろありますが、面白さのほうが勝ちました。

謎と伏線をいっぱいバラまいてくれますから、それが次回への期待につながります。タイトルの「裏切りの影」ですが、多分これはサイモン君のこと。

今回のポイント

今回のポイントは何と言ってもサイモン君。ほかにも細かな新事実は明らかになりますが、メインはサイモンです。

まさか、サイモン君が・・・というのがあってこれが今回の一番の驚きでした。キャラが立っているとは言いがたいメンバーの中で、このヒトはなかなか存在感を示してくれています。窮地に陥ったアレックスを助けるのはこのヒトかも?とチラっと思たんですが、違いました。まあ助けるには助けましたが。

● 逃亡中のアレックスが向かうのはサイモン宅。これはライアンのアドバイスによるもの。サイモンにもライアンからの連絡あり。

● サイモンはアカデミーを退学になっていた

● サイモンの協力で「ケーブル」が事件のカギとなることが判明。さらに証拠についていたアレックスの指紋がアカデミー入学時のものと判明する(アレックスは研修中に指をケガしているので、指紋には傷が入っている)。

● サイモン、実は警察に通報?警報が鳴りアレックスを逃走させる。

● その後アレックスの潜伏先をサイモンが訪ね、今後もアレックスに協力するような流れになるが、サイモンは実は捜査官で潜入捜査中。今回初登場のFBI部長クレイトンからの連絡があり。

 

サイモンが退学になっていたことには驚きましたが、その後潜入捜査官になっていたのは更に驚きでした。クレイトン部長が電話で「アッシャー捜査官」と呼んでいたので、これは間違いないですね。

退学の原因は今回は明らかになりません。でもアレックスが「私はいつも味方をしていた」と言ってサイモンも否定しなかったので、成績不良とかじゃなくて、対人関係などのトラブルが原因と思われます。

オコナー黒幕。これは多分間違いのないところだとは思いますが、ライアンは密かにアレックスを支援しているのか。ここがまだわからない。あの、「レックスに撃たれた」が何を意味するのか。まだ理解できていません。

それに黒幕オコナーさんは、今までの流れから言って今後確実にアレックスと「教官と生徒」以上の禁断の関係に陥るはず。アレックスを罠にハメるという過程での「些細な出来事」に過ぎないのか。想定外なのか。想定内なのか。

女性としてあまりにもストライクだったため、罠にハメる予定が、その前についハメてしまった・・・(すいません)。

サイモン関係でもうひとつ。サイモンがミランダに「大義のため」と答える場面がありました。これはどうなんでしょう。

「大義」はテロにもつながるような感じもあります。実はミランダもグルとか?アレックスをかばっているミランダですが、テロ事件に関して何かを知っているようにも見えます。何かを知っていて、しかもアレックスがハメられたという確信があるからこそ、逃がした。としておきます。

 

今回の新事実

  • レックス、ライアンに父を撃ったのは母ではなく自分であることを告白。
  • レックスの父のFBI捜査官としての過去の記録がオコナーからアレックスに渡される。
  • レックスの母シータは、かつて自分の夫とオコナーが何をやっていたか知っている。コレを聞いたオコナーはキレ気味。
  • FBIがアレックスの母を拘束。テレビで娘に自首するように呼びかけさせる。
  • アカデミー次長、ミランダの息子はなんかやらかして、拘留中。もうすぐ仮釈放。
  • 双子研修生の一人が、どっかに消えた。
  • シェルビー、ネットを使いどこかに大量の送金。
  • 今回から登場のFBI部長はクレイトン・ハース。一度退学になったものの、親の強力なコネで分析官候補生としてアカデミーに戻って来たのはケイレブ・ハース。雰囲気が何となく似ていないこともない。

 

今回もいっぱい謎と伏線をバラまいてくれました。早くもこんなにたくさん、回収できるんかいという気がしないこともないんですが、これはこれで楽しめる要素だと思います。ちょっと多くなって来て、把握しにくくなっては来ているので、また機会がありましたら整理してみます。

やっぱり気になる夫婦漫才

ダメですねえ。気になり出すと止まらない。重要人物なのにミランダとオコナーが会話をすると、どうもちゃっちいというか、夫婦漫才に見えてしまいます。オコナー単体でならそこそこの存在感はありそうなんですが、お母さん次長が絡んで来るとどうも・・・ファションのせいでしょうかね。よくわかりません。

 

卒業後の行方がわからない人

今回はサイモンが出て来たので、これで卒業後の行方がはっきりとしていないのはアレックスと同室だったシェルビー、イスラム系のニマとレイナの双子。分析官研修生のケイレブ。こんなところです。シェルビーがまだ出て来ないのが気になりますが、次回予告ではシェルビーとアレックスが銃を向け合うシーンも。気になります。