読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

X-ファイル シーズン8 第21話 誕生 Part2

「終わりよければ全て良し」なんて言葉もありますけど。スカリーは苦労してるんだからちゃんとした出産を、という私の願いもむなしく・・・

★★★★★

解決しなかったスカリーの妊娠

今回も、スカリーの妊娠に関して新しい証言が出てきます。ドゲットの親友?のノエルは(首に突起あるけど)、
「6年前、軍は異星人誘拐を装い、彼女を捕獲。首に監視用チップを埋めた。初の生物無敵兵士を妊娠させる目的もあった

前回のリジーやクライチェックとは違い政府の秘密機関にいるようなので、信頼度は低くないのかなと思いましたが、直後にクライチェックとつながっていたことが判明。もーわけがわかりません。

とするとその時点でもう怪しい妊娠をしてたってことですか(6年かけて胎児が成長?)。それともある時期を経てそのチップの効果で妊娠するってことなんでしょうか。でもスカリーはそのチップを一度摘出しているし。

前回は、「人間の手が生み出した奇跡。完璧な人間の子供」(リジー)。人間の手が生み出したってとこで、人工授精以上のものを感じさせるし、わざわざ「人間」というところがなんとも・・・

人間の卵子と異星人のDNAのなんとかが成功とリジーは言っているので、それをパレンティ医師がスカリーの体内に戻して?いや、これはきっとシーズン9まで引っ張るんでしょうから、あれやこれやと考えたところでわかるわけがない。シーズン9を待ちます。というか、モルダーとスカリーの子ってことでいいと思うんですけど、そうはいかないんでしょうか。

レイエスさんが赤ちゃんを

一応ビリー・マイルズからの逃亡に成功したレイエスとスカリー。レイエスは車中で「私、子供を取り上げたことないし」と。

ひぇっ!!まさか同僚がお産のお手伝いというか助産婦というか。米国では良くある話なんでしょうか。ってあるわけないですよね。「病院という病院は危険」とは言ってもそれはワシントンDCのような大都市での話であって、DCから遠く離れた地方の病院で出産するものだと思っていました。いくらスカリーが医者だとはいえ、無茶過ぎではないかと。

レイエスが「霊感」で決めたある空き家で、レイエスとスカリーは出産準備を始めますが、あのいろんな用品って、まさかFBI捜査官にあるまじき、無断借用?スカリーは命からがらモルダーと逃げ出して来た訳だし、迎えに来たレイエスのバックだってそう大きくはなかったし。

レイエスが訳わかんないくじらの歌とか歌いながら、ある程度の出産準備が整ったところで、ビリーに見つかります。というところで、どうしても製作総指揮のクリス・カーターさんは、スカリーに安心できる出産場所を提供するつもりがないことを、今になってようやく気がつきました。

だけどあのおばちゃん保安官みたいのが銃をぶっぱなして、ビリーはしばらく動けなかってことは、ある程度の重火器があれば制圧も可能なんでしょうか。ドゲットの拳銃ではびくともしませんでしたが、ショットガンのようなものであれば効果的なのかもしれません。

おばちゃん保安官も奴らの仲間ですから、クレインにナンバーとか車種とか連絡を受けたんでしょうか。

クライチェックはノエルと通じてた

FBIではクライチェックがモルダーに銃口を向けます。まあ結局この人が何をやりたかったのかは、わからずじまい。私の中ではダイアナ・ファウリーに続く「画面に出て来たらイラつく人」で終わりました。最後は、スキナーに銃で眉間を撃たれます(合掌)。

FBIでは、背中突起(代替人間)のノエルとクレインがスキナーとドゲットを襲撃。これも不明。スカリーの居場所を知っていれば殺されるとノエルに警告されていますが、同じ背中突起のビリーは難なくスカリーの出産場所に到達していますから、この辺がなんとも腑に落ちない。同じ背中突起仲間でもビリーたちとノエルは別グループなんでしょうか。

スカリー=サラ・コナー

前回のエピソードを見て、私はスカリー=サラ・コナーと考えました。ようはスカリーの子は、異星人の入植者どもに脅威となるわけだから、今のうちに始末。だからビリーがまるでターミネーターのようにスカリーを狙う。こう考えればわかりやすかったんですが、どうも違うようです。

出産が始まると、恐ろしいことに異星人なのか、代替人間なのかわかりませんがとにかくビリーマイルズ一派。そいつらが車で出産場所に集結。スカリーの出産を見届けたあとは何事も無かったかのように解散。大勢の人か異星人かわかりません。

その中で出産したスカリーさんの根性は大したものですが、これでスカリーの息子はジョン・コナー的な存在ではないことが判明。

でも、もしかしたらスカリーの子が将来の異星人どものリーダーのような存在になる可能性だってあるわけで、そうでなければ「何事もなかったかのように」解散するわけがない。結局これはシーズン9に持ち越し。

シーズン9って必要?

いろんな謎は残りますが、ラストシーンの絵だけを見る限りはこれがX-ファイルのグランドフィナーレでも良いのではないかと思いました。生まれた子、ウィリアムを中心にスカリーとモルダーがキスをするという、これまでにはないシーズン終了。

「真実は揺らがない」とか言いながらスカリーにキスをするモルダーさんは中二病っぽくもありますが、赤ちゃんを見て、「スキナーにも似ている」と、小技も忘れません。

今迄のシーズン最終話って、X-ファイルが潰されたり、モルダーの生死が不明だったり、書類は全部焼失したりと、いやがうえにも次シーズンへの期待を盛り上げるような内容だっただけに今回は異例でした。Dlifeでシーズン9の放送がいつになるのかはわかりませんが、2016も発売になりましたから、早々の対応をお願いしたいところ。

まあただ、シーズン8のエンディングを超えるシーンが出来るのだろうか?という不安を感じなくもない。

シーズン8はこれで終わりですが、最近のシーズンと比べて本当にいい出来だったと思います。ドゲットとレイエスの登場、モルダーの宇宙旅行と帰還。「見ても見なくてもそれほど問題ではない」というエピソードがほとんどなかったように思います。シーズン7がちょっとアレでしたから、余計にそう感じるのかもしれません。