読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

X-ファイル シーズン8 第20話 誕生 Part1

シーズン8も残すところ2話。「誕生」ですからスカリーの出産のお話なんですが、出産なんだからここはスンナリと、と思うんですけど、そうはいかないんですね。ガンを克服し、不妊を乗り越え。

そんな女性の妊娠だからこそ、ここは何事も無くいきましょうや。というのが私の希望。まあそれじゃあX-ファイルにならないんですが、スカリーのお母さんだって、あんなに幸せそうなんだし・・・でも話が進むに連れて不安と謎が満載。Part2で全てが解決するとも思えませんが。

★★★★

面白さという点では画面から目が離せません。次も気にはなります。でもスッキリはしません。X-ファイルはそういう傾向が強いですけど、いろんな証言が出て来て、この時期不安定なスカリーさんの精神的な負担が気になります。

まずはスカリー母がスカリーのために雇ったお手伝いのリジー。スカリーの薬の中身をすり替えるとかハスケルと連絡を取るとか、怪しさ満載。結局薬の細工がバレて、モルダーやドゲット、スキナーに尋問を受けるんですが、スカリーの子は「一切欠点のな完璧な人間」と言い切ります。

何を根拠にそう言えるのか。ここがハッキリしない。リジーはクローン人間の研究に携わっていたとのことですが、「彼女を守っていた」とも言います。薬をすり替えるのがどうして「守る」ことになるのかわかりませんが、しかもすり替えたのはビタミン剤?調べた医者もグル?

このエピソード最大のガッカリ場面

クライチェック。ビリーに追われたモルダーとスカリーを救出するのがクライチェックだったのは、ガッカリ感が半端ありません。ここはシーズン8で一度も登場しなかったスモーキングマンしかいません。

シーズン7の最終話で、クライチェックに始末されたように見えましたが、X-ファイルを牽引してきたあれだけの大物悪役が、クライチェックごとき雑魚に始末されていいわけがありません。

クライチェックの話にも納得いきません。「最終戦争に備え障害を取り除く」のであれば、スカリーの子供は仲間のわけだから狙う必要はない。むしろ大歓迎のはず。ビリーのような代替人間が「本能のままに平然と殺りくを繰り返す」とは言ってもモルダーやドゲットを見逃しているわけで、そこにはきっと理由があるはず。

「奇跡の子」「この子は超人。」何故クライチェックがこんなことを知っているのか(言ってるだけかもしれないけど)

割と核心に迫るようなお話をリジーやクライチェックといった雑魚キャラに話させているところが、ダメなのかも。どうしてクライチェックはそんなことを知っているのか。しかも肝心なところになれば「わからない」と来ますんで、もうリジー、クライチェック、ハスケル(始末されたけど)お前らみたいな雑魚キャラはとっとと引っ込め!と突っ込みたい。

なんでクライチェックなの?

繰り返しになりますが、なんでここでクライチェックなの?なんで?

モルダーとスカリーに迫るビリーを車で吹っ飛ばし、一言。

「無敵兵士は我々にとって邪魔な存在でね。」

コレがきまるのはそう、圧倒的な存在感でX-ファイルを牽引して来たあの男しかいないのです。

スカリーをサラ・コナーと考えると

ビリーをはじめとする「代替人間」が異星人の先兵となってかどうか知りませんがとにかく地球奪回を目指しているそうです。それの脅威となっているのが、スカリーの子供であればなんとなく狙われる理由もわかりやすい。

サラ・コナー…映画ターミネーターの登場人物。コンピュータ対人間の戦争において、後に人間側のリーダーに成長するジョン・コナーを生む女性。

そっか、スカリーはサラ・コナーだったんだ!と思えばビリー・マイルズに追われる理由がわかりやすいかも。ま、わかりやすいだけで事実はまた別にあるんでしょうけども、1回見ただけではわかりにくいです。Part2は月曜放送なので、それまでに1度ぐらいは見直してみようかとは思っています。

当時のパレンティ医師がなにかやらかしたのか。それとも誘拐の時に何かあったのか。そもそもこれを書いている人は明確な答をもっているのか。なんてことまで考えてしまいたくなるような謎の多いエピソードであります。

まあでも、最後はレイエスとスカリーが車でどこか遠いところへ脱出するんですが、駐車場から出る車を誘導したのが、今は代替人間となってしまったクレイン捜査官。ナンバーとか車の色とか。あっという間に特定されてしまいそう・・・